大切に育てられた豆

Muu Muu COFFEEがしていること

小規模農園で大切に育てられるコーヒー

手入れの行き届いた農園、完熟豆だけを手摘み、より良いコーヒーのために品種改良

ハワイは火山の噴火でできた島です。 ハワイ島コナの弱酸性火山性の土壌は水はけが良くまた必要なミネラル分も多く、 コーヒーの生育にとても適しています。

コーヒーは暑いところの植物というイメージですが、 標高や雨季乾季、日照などの気候条件も必要です。

気温が暑すぎると早熟や病害が発生しますが、コナコーヒーの産地ではハワイでも意外と涼しい場所にあります。 直射日光は葉焼けを起こし光合成を低下させるため、ある程度の日陰も必要です。 コナでは午後の雲や自生するバナナやアボカドの木が日陰を作るシェードツリーの役目を果たしています。

ハワイにも10~3月の雨季、4~9月乾季があり、コーヒーの木は雨季が終わると白い花を一斉につけます。 雨の刺激が花を開花させ、約7ヵ月後には実が収穫できるようになります。 ハワイ島の昼夜の寒暖差と午後からの雨はコーヒーの実の成長を促します。