大切に育てられた豆

Muu Muu COFFEEがしていること

小規模農園で大切に育てられるコーヒー

手入れの行き届いた農園、完熟豆だけを手摘み、より良いコーヒーのために品種改良

手摘みで丁寧に収穫された赤いコーヒーの実をコーヒー豆にする工程

1. 外皮を取り除く
収穫されたコーヒーの赤い実から外皮をはがして中の種(コーヒー豆)をパルパーという機械で取り出します。

2. 水に浸ける
取り出した種子を8~12時間水に浸けて発酵させ、果肉部分を取り除きます。
水洗式(ウオッシュト)という方法です。

3. 乾燥
「ホシダナ」と呼ばれる広いデッキに豆を広げて天日干しします。6~8日で乾燥した豆は“パーチメント”という薄皮のついた状態になります。最盛期など乾燥が間に合わないときに乾燥機を使うこともあります。

4. 薄皮を取り除く
ドライミルでパーチメントから薄皮を取り除きます。これで焙煎前の生豆(グリーンビーンズ)の状態になります。

5. 大きさごとに分別する
ふるいにかけて大きさごとに分け、ごみなどの異物を除き麻袋に詰め、等級の認定を受けます。