鮮度へのこだわり

Muu Muu COFFEE がおいしい理由

輸送から焙煎まで鮮度へのこだわり

美味しいコーヒーは「鮮度」が一番!

丁寧に作られた高級コナコーヒーを美味しく飲んでいただくために、ムウムウコーヒーでは鮮度にこだわっています。

コナの農園から直接生豆を1年間の使用分だけ仕入れ、毎年ニュークロップを使っています。輸入したコーヒー生豆は自社倉庫で温度と湿度を適度に保ち、保存しています。

焙煎したコーヒーを一切在庫せずに、ご注文をいただいてからその都度焙煎し、焼き立てのフレッシュなコナコーヒーをお届けしています。袋を開けた時、挽くとき、淹れるとき、飲むときの香りが違います!

コーヒー豆は焙煎するとすぐに「酸化」が始まります。コナコーヒーを「焼き立ての香りで美味しく」飲んでいただくため、ご家庭での保存も大切です。 保存方法によっては香りが飛び、湿気やほかの匂いを吸ってしまいますので、お買い上げ後は冷凍庫での保存をおすすめします。


「ハワイで飲んだコナコーヒーがおいしかった。でも、日本で飲むと何かちがう。」と言われる方がよくいます。それはきっと、ハワイ とは空気が気温が日差しが匂いが、“雰囲気が” 違うのでしょう。 ハワイで飲んだコーヒーは“雰囲気”だけではなく、 「鮮度」が違います。ハワイのホテル・レストランでは常に新しい豆が 使われているのでしょう。 同じ州内なので輸送にも時間がかかっていません。

img
契約農園から直接買付けた豆を「空輸」しています。

img
数週間かかる船便とは違い、ハワイ島の空港から日本まで8時間です。輸送中の劣化を防ぐための最善の方法です。

鮮度へのこだわり

img
輸入するのは「ニュークロップ」と言われるその年に収穫された新豆だけです。
1年間に売り切れる量だけを仕入れます。生豆はいつでも新鮮です。

img
仕入れた生豆は適度な温度と湿度に保たれた倉庫に保管し、注文が入ってから焙煎しています!生豆は焙煎するとすぐに酸化します。
焙煎したてが新鮮でおいしいのです。

ムウムウコーヒーだけがお届けする、フレッシュな「本物のコナコーヒー」をご堪能下さい。